イトロ処理(密着性・接着性向上表面処理)

イトロ処理(密着性・接着性向上表面処理)イトロ処理により、POM(ジュラコン)・PPS・レニーなどの従来密着性のよくない材料にもコーティングや接着が出来るようになりました。 密着性や接着性のよくない材料にイトロ処理を行うことにより、飛躍的に密着性や接着性があがります。

dsc00967【画像】

SUS板にイトロ処理を施したもの

(左)イトロ未処理  (右)イトロ処理済

 

 

イトロ処理により密着性・接着性を飛躍的にアップすることができます!!

イトロ処理はイトログループの開発したCCVD(Combustion Chemical Vapor Deposition)で、酸化ケイ素膜を基材表面に形成します。膜厚はナノ単位オーダーのため基材寸法等に影響を与えません。 コーティング膜や印刷の密着性向上、接着剤やテープ等の接着性向上等に威力を発揮します。

イトロ処理なら!!

従来のプライマー等ではコーティングや印刷等が密着しなかった材料や、接着剤やテープ等が接着しなかった材料でも密着/接着ができるようになります。 例えば、POM(ジュラコン)、PPS、レニーなどにもコーティングや接着ができます。 従来のプライマーは必要ありません。加工工程の大幅な減少が計れます。

さらに詳しく!

イトロ処理とは、フレームバーナーによる酸化炎を介して被塗布物の表面にナノレベルの酸化ケイ素膜を形成する新しいコンセプトの表面処理システムです。 すなわち、イトロ処理とは基材表面のみを改質する前処理(フレーム処理、コロナ処理、プラズマ処理)とは全く異なり、易接着性物質を積極的に表面に付加する技術です。 イトロ処理を施すことにより、各種基材と塗料、インク、接着剤との密着性を大幅に向上させることが出来ます。 処理方法は従来のフレーム処理と同様な扱いで、基材表面をフレーム下に通過させるだけです。処理時間も0.1~1秒程度で瞬時に終了します。 処理効果の持続性も、常温で約1~2週間効果が持続します。

価格、納期については、お問合せを! イトロ処理だけ、試作の受注もOK!

プラスコートでは、当社でのコーティング加工の前処理にイトロ処理を使用するだけでなく、イトロ処理だけの受注も受け付けております。 価格、納期についてはお問合せください。
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話075-632-1400

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ