電磁波シールドコーティングの種類

 電磁波が導電性物質に対して反射する性質を利用し電磁波を遮蔽するもので、導電性の皮膜を形成します。

コーティング方法の特徴

方法 長所 短所
導電塗装

 

多くの種類の樹脂に1個からコーティング可能である。(スプレーガンによるコーティング)
多品種少量生産に向いている。マスキング処理や
スプレーコーティングの特性を生かし複雑な形状の
コーティングに対応できる。
他方法と比較して膜厚がやや厚くなる。(10~50μm)
真空蒸着 薄膜であり、完全な金属膜である。 真空チャンバー内でバッチ式で行うので、少量だと価格が高くなる 。
 多くの樹脂に対しては、蒸着膜を密着させるためにはアンダーコート(下塗り塗装)が必要となる 。
 形状によってコーティングできない箇所がある。

 
樹脂めっき  真空蒸着で入りにくい箇所もコーティング可能である。 コーティングできる樹脂に制約がある。

導電塗料の種類と特徴

種類 膜厚 色目 特徴
5~10μm  img_0720 導電塗料としては最も高性能。極めて高価。
銀銅
PCS-107AgCu
20~30μm  img_0727 高性能で比較的安価。環境によって変色の可能性有。
ニッケル
PCS-104nNi
20~30μm  img_0745 経時変化に対し安定している。
オリジナル導電塗料
Polycalm-G1501 銀銅
40~50μm  img_0722 耐熱温度130℃。一般樹脂の他、PBT・ガラス・PET等に密着可能。

オリジナル導電塗料
Polycalm-S 銀銅

 

40~50μm  img_0746 伸縮性有。一般樹脂の他、軟質塩ビ・布・木・紙・一般樹脂に密着可能。

導電塗装性能

 銀   KEC法(電界)  KEC法(磁界) ミリ波(18~26.5GHz)  ミリ波(26.5~40GHz)

 銀銅
(PCS-107AgCu)

  KEC法(電界)  KEC法(磁界) ミリ波(18~26.5GHz)  ミリ波(26.5~40GHz)

 ニッケル
(PCS-104nNi)

  KEC法(電界)  KEC法(磁界) ミリ波(18~26.5GHz)  ミリ波(26.5~40GHz)
 オリジナル導電塗料
(Polycalm-G1501)
  KEC法(電界)  KEC法(磁界) ミリ波(18~26.5GHz)  ミリ波(26.5~40GHz
 オリジナル導電塗料
(Polycalm-S)
  KEC法(電界)  KEC法(磁界) ミリ波(18~26.5GHz)  ミリ波(26.5~40GHz)

 

導電塗装でのUL認証について

当社は、導電塗装でのUL認証指定工場として登録されております。
導電塗装で、UL認証取得がご必要なお客様は、ぜひお問い合わせください。

 
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話075-632-1568

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ